余韻

顔を赤らめ

シーツにくるまるあたしを

まるで子猫を見るような眼で

あなたは見るのね

そしてシーツごと

もう一度抱きしめてくれるのね