やりとり

あなたからのLINE:

ねえ、どうしたらいいと思う?

年上の部下たちの扱い方

去ってしまった優秀な仲間

ストレスでやられた胃腸

ついてない日々、、、

ねえ、お祓いをすれば良いの?

部屋を緑で埋め尽くす?

皆を褒めまくる?

それとも、坊主頭にする?

ご返事:

わからないわ

そうね

今度、ホテルで美味しい紅茶を入れるわ

未来

あのまっすぐな眼差しで
きっと見抜かれてる
何もかも。
想いが強い方が
負けなのか
だとしたら
余裕で負けてる
何もかも。

陶酔

暑さにやられ
恋にやられ
忙しさにやられてる
汗を拭く手の甲
グラスを持つ指
セクシーじゃない話
飾りたてなくても
じゅうぶんだけど
少しも
ロマンチックに
できなかった
だけど
キスだけでは
キスだけでは
止められる筈なかったんだ

紫色の空

この道は
何十年ぶりだろうね

時間が
止まったかと思った

月明かりで流れる雲が
2人を見下ろす

抱き寄せられ
伝わる鼓動

ゆっくり寄せた唇

甘い長いキス

あなたの魔法にかかった
とろけるような 夏の夜

きいて

嬉しいことも
悲しいことも
新しく買ったワンピースのことも
小鳥クリニックの隣が
唐揚げ屋だったことも

真っ先に
あなたに伝えたいの

今すぐ飛んで行って
聞いてほしいの

ねえ、聞いて。
あなたのもとへ