てのひら

久しぶりに会った彼は
裸の私をしっかりと抱きしめ
しばらく何も言わずに髪をなでていた

どんな体位でも
何度も何度も指を絡め直した

いったあとも
しばらく手を離さなかった

帰る彼を見送ったあたしは

ただ

力の抜けた自分のてのひらを
見ていた