あなたはよく覚えてる

どこに触れられ

どこを舐められ

どんなふうにジラされ

あたしがどんなふうにイクのか

 

たまらなくて歓喜の涙を流し

声を枯らして

シーツを握りしめ

あなたはゆっくり背中に両手を回す

そしてあたしもあなたに両手を回す

 

何度抱かれても

この瞬間は

息をのんで

震える